【エッグヘッド事件の展開予想③】巨大な王国の名が明かされる?Dの一族とは?

エッグヘッドで明かされる
出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎/集英社
スポンサーリンク

第1078話で意味深に語られた「エッグヘッド事件」
現在描かれているエッグヘッド内での騒動は単なる前日譚に過ぎず、翌日の「エッグヘッド事件」は世界に思いもよらぬ衝撃を与えるといいます。

そんなエッグヘッド事件はどのような結末を迎えるのでしょうか。
事件に関わってくると思われる人物事件を通して明かされる新情報など全3回にわたって考察していきます。

これまで、エッグヘッド事件の結末参戦する勢力について考察しました。

今回はエッグヘッド事件の展開予想第3弾、エッグヘッド事件で明かされる新情報+エッグヘッド事件の死者について考察します。

きょん
きょん

ワンピースマニアの視点から考察していくよ♪

スポンサーリンク

エッグヘッド事件を紐解く2つのヒント

エッグヘッド事件を紐解く2つのヒント。それは頂上決戦オハラ事件です。

なぜそのように考えられるのでしょうか。

詳しくは前回の記事を読んでいただきたいんですが、簡単に説明するとエッグヘッド事件は頂上決戦とオハラ事件のスケールアップとして描かれる可能性が考えられるから。

そして今回、頂上決戦とオハラ事件ではどんな情報が明かされどんな人物が死んでしまったかをみていくことで、エッグヘッド事件の展開を予想していこうと思います。

頂上決戦との比較

エースが海賊王ゴール・D・ロジャーの息子

出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎/集英社

頂上決戦で明かされた最大の衝撃情報。
それはエースが海賊王ゴール・D・ロジャーの息子だという事実です。

それまでエースはルフィの兄と言われ続けていましたが、実際は杯を交わした義兄弟。
今でこそ常識となったものの、明かされた当時は私たち読者も度肝を抜かれました。

まさに「生きていたのか…海賊王の血は…」状態です。

このように、頂上決戦では明かされたエースの血筋が明かされたわけですが、エッグヘッド事件では一体どんな衝撃情報が明かされるのでしょうか。

頂上決戦との比較で考えると、それはおそらく”誰かの血筋”
そしてその誰かとは、やはりルフィが適任ではないでしょうか。

Dの一族とは?ルフィの本当の血筋は?

出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎/集英社

ワンピースの中で最大級の謎の1つ”Dの一族”

空白の100年や巨大な王国に深く関係していることはほぼ間違いないと思われますが、まだまだ謎だらけの存在です。

そして世界政府は”D”という名前が世間の目に触れないように必死になっています。

しかし、空白の100年を研究しているベガパンクであれば、Dの一族が一体何なのか知っている可能性が高いんです。

また、ベガパンクはルフィの父親であるドラゴンと密接な関係にあることが判明。

Dの一族でもあり、現代のジョイボーイともいえるルフィの血筋に何か秘密があるとすれば、その秘密をドラゴンも知っているはずですよね。

エッグヘッド事件でこれまで謎に包まれていた”Dの一族”の秘密が大きく明かされるかもしれません。

スポンサーリンク

オハラ事件との比較

巨大な王国の名は…?

出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎/集英社

22年前、ポーネグリフを読み解き”空白の100年”を研究していたオハラの学者が辿り着いた、かつて栄えた巨大な王国の存在

そんな巨大な王国の名を言おうとしたまさにその瞬間、五老星の命令によってクローバー博士は消されてしまいました。

そして現在。
オハラの意思を継ぎ、オハラの研究の”その先”を行くベガパンクです。
当然ベガパンクは、クローバー博士が言いかけた”巨大な王国の名”を知っているはず

出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎/集英社

さらにエッグヘッドには、オハラ当時中将として参戦した黄猿、クローバー博士と対談した五老星の1人”サターン聖”、そして軍艦100隻が押し寄せています。

まさにオハラ事件のスケールアップですよね。

ともすれば、オハラでは明かされなかった”巨大な王国の名”が、エッグヘッド事件で明かされるかもしれません。

スポンサーリンク

エッグヘッド事件の死者

エッグヘッド事件の死者はベガパンクとドラゴン?

出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎/集英社

もはや戦争の様相を呈しているエッグヘッド事件ですが、頂上決戦とオハラ事件のスケールアップと考えると、誰一人死なない展開などありえません。

では一体誰が死んでしまうのでしょうか。

過去の考察を踏まえ、頂上決戦とオハラ事件、それぞれとエッグヘッド事件を比較してみると下図のようになります。

勢力頂上決戦共通点エッグヘッド事件
ルフィ側エース処刑対象ベガパンク
ルフィ側白ひげ海賊団
傘下47隻
救出班革命軍
麦わら大船団
ルフィ側インペルダウン脱獄組途中参戦クロスギルド
世界政府側軍艦50隻+海兵10万人
センゴク&三大将
王下七武海
パシフィスタ
主戦力軍艦100隻
大将黄猿&サターン聖
セラフィム4体
CP0
第三勢力黒ひげ海賊団黒ひげ海賊団
頂上決戦とエッグヘッド事件の戦力比較
勢力オハラ事件共通点エッグヘッド事件
ルフィ側クローバー博士 学者達暗殺対象ベガパンク
ルフィ側ハグワール・D・サウロ政府を裏切るステューシー
ルッチ
カク
世界政府側軍艦10隻
中将5人
CP9
主戦力軍艦100隻
大将黄猿&サターン聖
CP0
オハラ事件とエッグヘッド事件の比較

この中で死亡した人物と言えば…

頂上決戦では、処刑対象のエースとそれを助けに来た白ひげ
オハラでは、暗殺対象のクローバー博士・学者達

そしてエッグヘッド事件において
エース&クローバー博士=暗殺対象に該当するのがベガパンク
白ひげ=エースを助けに来た勢力のトップに該当するのが、革命軍のトップであるドラゴン

つまり、エッグヘッド事件では、ベガパンクとドラゴンが死亡してしまうのではないかと予想できるんです。

共通点オハラ事件頂上決戦エッグヘッド事件
暗殺・処刑対象クローバー博士 学者達エースベガパンク
救出しに来たトップ白ひげドラゴン
各事件の死者

エッグヘッドに参戦する勢力や事件の結末などが気になる方は、是非過去の考察もチェックしてみてください。

スポンサーリンク

エッグヘッド事件の展開予想 まとめ

ということで、今回はエッグヘッド事件で明かされる新情報、エッグヘッド事件の死者についてそれぞれ考察してみました。

これまで全3回に分け、エッグヘッド事件の結末や参戦勢力についても考察しています。
是非そちらもチェックしてみてください。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
きょん

自称ワンピースマニア。ナレッジキング2022全国60位。多くの人がワンピースをもっと楽しむことができるよう、作中の謎を中心に研究・紹介します。

きょんをフォローする
考察
シェアする
きょんをフォローする
ワンピース漫遊記 ネタバレ/考察/研究/伏線

コメント

タイトルとURLをコピーしました